コメントは受け付けていません。

仏像が最近とても気になります

Posted by wpmaster on 8月 6, 2014 in 未分類

今まで全く興味がなかった仏像が最近とても気になります。
仏像が大好きな友達に付き合って、いくつかのお寺を参拝して御本尊様を見せて頂きました。
住職さんが直々に説明してくださることもあり、少しずつですが仏像とはどういう存在なのかが分かってきました。
Read more…

 
コメントは受け付けていません。

父がテレビに出ていました

Posted by wpmaster on 8月 6, 2014 in 未分類

私の父は非常に愉快な人です。
会社での信頼も厚くて、友達も多いです。
実家は街の外れにあるので通勤時間がとても長いんですよね。
毎日一冊は本を読み切ってしまうそうです。でも座れるから疲れないんだそうですよ。
実際はとっても疲れていると思うんですけどね。
そんな父ですが、この間テレビを見ていたら見事に映っていました。
どうしてわかったのかというと、そのテレビの場面が父の好きなアイドルのコンサートだったからです。
そうなんです。父はアイドルが大好きで大好きで仕方ないのです。
アイドルといっても女性ではなく、なんとジャニーズなんですよ。
ジャニーズ事務所のアイドル全般に言えることだと思いますが、ファン層が多岐に渡りますよね。
もちろん十代から二十代の女性が多いんでしょうけど、その家族も好きになって一緒に応援する人が多いと聞きます。
私の家族は残念ながら、父以外のジャニーズ好きはいません。
と言いますか、父があまりにも熱狂的なので、少しひいてしまうというか。
父には申し訳ないのですが。
父が好きなのは嵐だそうです。
歌とダンス、そしてメンバーのトークが好きなんだそうです。特に好きなメンバーはいないとか。
あとはキスマイも今はまっているそうで、テレビに映ったのはキスマイのライブでした。
目立ってましたね。
びっくりしました。

 
コメントは受け付けていません。

病院を変えるタイミング

Posted by wpmaster on 8月 6, 2014 in 未分類

2歳の息子が、目の周りをかきむしって、赤く炎症を起こしていたので、皮膚科に行きました。
近所の皮膚科で、我が家が全員お世話になっている病院です。
「とびひ」と診断され、薬をもらって、すぐ治るだろうと思っていたのですが、治りません。
いつまでたっても、赤く炎症が残っているのです。
正確に言えば、2回病院に行ったのです。
最初に行ったときに「とびひ」と診断され、薬をもらい、「数日後に来てください」と言われました。
数日後に行ったら、「だいぶ良くなりましたね。
明日からはこちらの薬を塗ってください」と言われ、別の薬をもらったのです。
そして、2回目に病院に行ったときと同じような状態が、ずっと続いているのです。
また病院に行こうとも思うのですが、その場合、同じ病院に行くのか、別の病院に行くのか、どちらにすべきなのかよくわからなくて、悩んでいます。
お世話になっている皮膚科が実はやぶ医者なのかもと思い、周りの人に聞いてみたりしたのですが、近所に他に皮膚科がないので、たいていの人は特に不満もなく、そこの病院に行っているようです。
皮膚科と言うのは生命にかかわるような病気ではないので、そこまで真剣になれないまま、なんとなく時が経っています。
あまり頻繁に病院変えたくないし、別にやぶ医者ではなさそうだし、時間がたてば息子の目の周りも落ち着いてくるのだろうし。
病院に行くタイミングや、病院を変えるタイミングは、難しいと思います。

 
コメントは受け付けていません。

煙草について考える

Posted by wpmaster on 7月 31, 2014 in 未分類

私の周りには喫煙者が多く、どこかへ出かけるにもレストランへ行くにも常に喫煙コーナーがあるかを確認して行動しなければなりません。
最近はどんどん煙草が値上がりしているし、喫煙コーナーも減ってきているので喫煙者の方はみんな大変そうです。
でもみんな禁煙する気は無く、もうすっかり生活の一部なんですよね。
Read more…

 
コメントは受け付けていません。

駅でのベビーカー利用

Posted by wpmaster on 7月 31, 2014 in 未分類

NHKの朝のバラエティ番組で、ベビーカーのマナーについて放送していた。
ベビーカーを利用する人が街中に目立つようになり、ベビーカー自体も大型化した。
新生児から使えるクッション付きだったり、座席がチャイルドシート兼用だったり、頑丈で大きな日よけがついていたり、輸入物のバギータイプ、双子用などもある。
一方で、軽さを追求した物、2台目として使うコンパクトな物等、本当にバラエティ豊かだ。
電車に乗り込むと、場所を取る、などの理由で邪魔に感じる人もいるようだ。
ところで、番組で取り上げていたのは、ある駅で「おろすんジャー」と名乗りベビーカーを運ぶボランティアをしている青年だった。
その駅にはエレベーターがなく、乗車の前にお母さん達はベビーカーをたたみ、階段を降りなければならない。
もちろん荷物と子供を片手に抱えての作業だから大変な苦労だ。
改札口は階段の下にあるので、駅員もいない。
かといって、周りの人に自分から頼むのは気が引ける、ということで一人で頑張って階段を降りて行くお母さん達の力になれば、という思いから、青年は駅に立ち続けるのだそうだ。
彼は戦隊ヒーローのスーツを着ているので、顔は分からない。
すばらしい青年と拍手を贈りたくなるかもしれない。
しかし私は不思議に思った。
以前滞在していたタイでは、公共の場所ではお年寄りや障害者と同様、子連れの人が優先だった。電車に乗れば皆がさっと席を譲り、荷物が多ければ近くの人が持ってくれる。
たとえ、その子連れが大きなベビーカーを持ち込んだ欧米人であってもだ。
ベビーカーが場所を取って邪魔などと眉をひそめることのほうが、思いやりの無さが前面に出てマナー違反なのだろう。
当然階段では、前後を歩いている人が全くの躊躇無く、ベビーカーを運ぼうと申し出てくれる。
なぜ日本ではわざわざ戦隊ヒーローの格好をしたボランティアに頼らなければならないのだろうか。
ベビーカーのお母さん(お父さん)を見かけた人がだれでも「おろすんジャー」になれば済むことなのに。

Copyright © 2014 www.peniksenpidennysreview.net. All Rights Reserved.
Theme by Lorelei Web Design.