うに屋のあまごころ、東京駅キッチンストリートでうに祭り

店名:うに屋のあまごころ
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅八重洲北口 キッチンストリート 1F
電話:03-6212-6224

東京駅八重洲口側にあるキッチンストリート内にある、うに屋のあまごころさん。
うに料理のお店です。

うに屋のあまごころは、長崎の壱岐発祥のお店なんだそうです。
これは期待大!九州のお店にハズレなし!

うにって本当のうにじゃないと、全然美味しくないんですよね。
安いスーパーにあるようなうには、「偽物」とわたしは呼んでいて「本物」のうには全然味が違うんです。

うに屋のあまごころのランチメニューの破壊力がすごいんです。
板ウニがまるまる一枚付いた板ウニ定食(1580円)、うにを練りこんだ生パスタ(1480円)、うにの混ぜご飯のような感じのうにまぶし定食(1980円)、卵かけうにご飯(900円)という魅力的なものもあります。

とにかくぜーんぶうに尽くし。
うに屋のあまごころは、毎日がうに祭り!

数あるうにランチメニューの中でも気になったのが自分でカスタマイズできるうに屋のうに丼。
これはご飯を200円(大盛り300円)として、うにの種類別(3種類あります)に10gずつの量り売りでご飯に盛ってもらうというもの。

一番お高い国内産で10g450円、一番お安いチリ産で250円、3種類少しずつ盛って食べ比べるも良し、好きな種類を思う存分盛るも良し。
メニューの画像によると一番お安いものでも一粒がしっかりしているものでした。

それよりも心惹かれたのがうにオムライス1380円!
メニュー画像のビジュアルを裏切らないビジュアル。

たまごもうにトマトクリームもつゆだくです。
更に中のご飯はうにご飯、ごろっとした粒の大きいうにが入っています。

それをたっぷりのうに入りのふわとろたまごで優しく覆い、つゆだくうにトマトクリームでいただく。
うにトマトクリームは濃厚、いやご飯もたまごも濃厚。
全部濃厚でうにが存分に使われているのがよくわかるメニューでした。

これを選んでよかった~!っていうか、改めて思うなにこの値段!
この上ないコスパだし是非また食べたい逸品でした。