ピノキオ、40年を超えて愛される千葉市稲毛区にある老舗喫茶店

東京のベッドタウンとして半世紀あまり住宅街として、発展してきた千葉市稲毛区。
その中でも京成電鉄が開発したニュータウン、京成団地のバス停近くで同じく半世紀を迎える手作りピザの店がピノキオです。

地元の少年たちが学校帰りにボリュームのあるベーコンポテトピザ(Sサイズ900円)をほおばったり、年配のご夫婦が休日のブランチに、コーヒーにサラダ込みのお得なミックスピザセット(950円)を楽しみに来たりと、ピノキオは地元の方にも愛されています。

それもそのはず、ピザは生地からトマトソースやホワイトソースに至るまで、自分で作るこだわりの味なんです。
オムライスやナポリタンなどオーソドックスな洋食メニューもしみじみとおいしいです。

さらにおすすめしたいのが、ピノキオのコーヒー。
ピノキオは、実は手作りピザとコーヒーショップの店、と看板に書かれている通り、厳選して選んだ豆を焙煎もマスターが自分でされるんですよ。

これだけ手間暇かけているのに、ブレンドコーヒーはたったの330円。
モカだって430円と、ピノキオはバス待ちの間の喫茶店としてもありがたい存在です。

歩いて1分のところでこれまた人気の焼き鳥店を営んでいる、かわいい奥様が手伝いに来られますが、奥様は元保母さんだけあって聞き上手。
地域にとってなくてはならない社交場となっています。

ピザ屋もチェーン店が増えていく一方なご時世だけに、これからも大切に手作りの味を守っていってほしいですね。

店名:ピノキオ
住所:千葉県千葉市稲毛区長沼町171
電話:043-259-6938