日記

経済状況でスカート丈が長くなったり短くなったりする。

女性向けのページ、通販サイト見ていたらフレアスカートが今年流行るんではないかというバナーみたいなのがありました。
ページの端っこの小さい枠に、スカート丈は若い世代向けらしい膝くらいまでの短めでした。
短めの丈でおしゃれっぽい、可愛いという感じ、生地はやや厚めかな、懐かしい感じでいうとポニーテールとかロックンロール思い出すようなデザインでした。

同じようなフレアスカートでも落着きのアラフォー向けなら膝すっぽりの少し長めが上品ですね、あまりフレアの分量が多いのもどうかなって感じちゃいます。
春の柔らかな風が吹いたら、裾の部分がちょっとなびくくらいがキレイでしょうって思いますね。

ぴったり、きっちりのタイトスカートとはちがい、ゆったりとしてるこの形は型紙から縫製とする時、ウエスト部分から下のところゆとりが出るような幅も縫い込んでる、タックっていうんですね。
男性のコットンパンツなんかでもお腹ぽっこりでもゆったりするように、ウエスト周りよりふっくらしてるんですね、内側を見ると縫い方とか分かるんですけど。

女性のファッションって経済状況によってもスカート丈が長くなったり、短くなったりすると聞いたことがありますが。
ミニスカートなら景気がいい時に流行るんだって、どうなんでしょうね。