カフェ

犬と一緒に湘南を楽しめるDOG DEPT + CAFE 湘南江ノ島店

サーフィンのイメージが強い湘南ですが、ワンちゃんとのお散歩にもぴったりのロケーションで、お散歩の休憩で利用できるのがDOG DEPT + CAFEです。

DOG DEPT + CAFE店内は広々としていて、たまたま空いていた大きなソファー席に通してくださり、大荷物もあったので助かりました。
同じ建物にドッグランやショップも併設されているのでゆっくり過ごせます。

カフェではもちろんワンちゃん用のメニューもあり、DOG DEPT + CAFEおすすめのワンバーグ¥650をペロリ。
余程美味しかったのか一瞬でなくなってしまいました。
お水も用意してくださって、ワンちゃんにとっても過ごしやすそうな空間です。

人間用のご飯は、ステーキやカレー、ハンバーグなどのガッツリメニューが充実しており、お散歩でぺこぺこだったお腹を満たしてくれます。
デミハンバーグ¥1480を注文しましたが、お腹いっぱいになります。

DOG DEPT + CAFEのスタッフさんも犬好きな方なので、とてもフレンドリーに接してくださり、ついつい長居してしまいました。
店内も大きなわんちゃんから小さいわんちゃんまで、お散歩で立ち寄った方で賑わっていました。

店名: DOG DEPT + CAFE 湘南江ノ島店
住所: 〒251-0037 神奈川県藤沢市鵠沼海岸1-6-14
電話: 0466-31-3966

acoustic book cafebar by、蒲郡市の癒しの森のカフェバー

愛知県の蒲郡市に夫婦でやっているテーブル席が4つほどしかない小さなお店、acoustic book cafebar by
店acoustic book cafebar by内は可愛らしい雑貨で溢れており、まさに癒しの空間が作り出されている。

奥には本がたくさん並んでおり、本を読むことができます。
販売もしているようだ。

ランチはハレの日チキンとまめみそボロネーゼ、トマトとチキンのbyカレーの三種類あります。
私のおススメは、まめみそボロネーゼ!!

豆味噌の甘みが美味しいミートパスタです。
ランチではセットでサラダとスープ、ドリンクとミニデザートもついてきて1.100円ととってもお値打ち!

そしてまた、acoustic book cafebar byのドリンクが絶品なんです!
私はいつもザクロミルクという他のお店ではなかなか置いていないものを頼みますが、これがまたうまい!量はたっぷりあって飲みごたえがあり、量でも味でも満足すること間違いなしです。

普通は15時と早めにしまってしまうのですが、acoustic book cafebar byはカフェバーということで、金土日は22時と遅くまで営業しています。

acoustic book cafebar byは小さなお店ですが、ランチのソフトドリンクの種類も多かったですがお酒も48種類ほどとたくさん種類があります。
私はランチしか行ったことがないので、今度はディナーに行ってみたいと思います。

お会計では、いつもありがとうございますとスタンプカードにいつもの三倍くらいのスタンプをおしてくれました。
とてもやさしい心遣いに最後まで癒されました。

スタンプカードは1.000円で1つスタンプが押してもらえて40こ貯まると割引券かオリジナルグッズと交換できます。
有効期限はありません。

皆さんも、形原町の小さなお店で癒されてみませんか?

店名:acoustic book cafebar by アコースティックブックカフェバーバイ
住所:愛知県蒲郡市形原町南小山25-1
電話:0533-55-7174

上野の恩賜公園でリラックスした時を過ごせるパークサイドカフェ

パークサイドカフェは上野の恩賜公園の中にあり、上野動物園へ出かけるついでや、上野の美術館や博物館を見学した帰りなどに気軽に立ち寄れる緑豊かな場所にあるカフェです。

パークサイドカフェ店内の雰囲気は植物を沢山使ったインテリアが特長で、まるでカフェの中も公園のような印象です。
柱や天井などあらゆるところに暖かみのある色の木材がふんだんに使用されていて、とても落ち着いた居心地の良さを演出しています。

パークサイドカフェ一番のオススメであるじっくり煮込んだビーフシチューはお値段が1,490円です。
プレートが運ばれてくるとビーフシチューらしいコク深さを感じさせる香りが食欲をそそりました。

一口ビーフを頂くととても柔らかく口の中でホロっととろけるようで美味しかったです。
付け合わせにパンがライスを選べますが、私はパンにシチューを付けて食べたかったのでパンを選びました。

香ばしいパンと濃いビーフシチューの風味がよくあっていて満足でした。

食後にさっぱりとした飲み物を飲みたくてフレッシュハーブティーをいただきました。
こちらはお値段750円ですが、しっかりと二杯分飲めるようにポットで提供されました。

ペパーミントとレモングラス、レモンバームの香りがとても爽やかでスッキリとした飲み口でした。
私はハーブティーが大好きで今までも沢山飲んできましたが、パークサイドカフェのものはレモンの香りがしっかりと効いていて飲みやすいので、誰でも美味しくいただけると思います。

晴れた日にランチをしたので、窓からたっぷりと柔らかな日差しが入り落ち着いたランチのひと時を楽しむことができました。

店名:パークサイドカフェ
住所:東京都台東区上野公園8-4
電話:03-5815-8251

門真市、ばたーしゅがーで美味しい料理と素晴らしいラテアートを楽しむ

店名:ばたーしゅがー
住所:大阪府門真市常称寺町19-25
電話:072-800-5433

テレビなどでラテアートの特集を見たことがある人は多いと思います。
でも、どこのお店でラテアートをやっているんだろう。

今は多くのお店がラテアートを提供していますが、その中でもおすすめが門真のばたーしゅがー。
ラテアートのレベルが高いと評判のお店です。

ばたーしゅがー店内にはラテアートの写真や、鉛筆画が貼られています。
マスターの作品らしいです。

ラテアートのためにカフェラテを頼むんですが、値段は500円です。
何を描くかは、客のリクエストに応えてくれます。

私は有名なアニメのキャラをリクエストしたのですが、本当に上手で感動しました。

時間がかかると絵が崩れてしまいますし、難しそうです。
しかし、素晴らしい技術とスピードで仕上げてくれました。

ばたーしゅがーオーナーのセンスに脱帽って感じです。
飲むのがもったいないぐらいです。
見た目だけではなく、味も美味しいですよ。

ラテアートが目玉ではあるのですが、料理のレベルも比較的高いです。
パスタメニューやオムライスなど、カフェにしてはフードメニューが充実しています。
食事とラテアートの両方が楽しめる感じです。

ばたーしゅがーのマスターの人柄も気さくで話しやすいですし、居心地が良いお店です。
ラテアートを見たことがないって人は、ばたーしゅがーへ行くべきです。

さくら草、愛知県一宮市栄の商店街にある古めかしい喫茶店

店名:さくら草
住所:愛知県一宮市栄3-5-16
電話:0586-73-7544

さくら草は、一宮商店街の中心通りからちょっと西にある喫茶店で、少し目立たない感じではありますが、なかなかきれいな外観を持っている喫茶店です。
中は古風な感じの喫茶店の雰囲気がするもので、ちょっと暗めの証明をうまく使っている感じがよくわかります。

アイスコーヒーを注文させていただき、モーニングにはキャベツチーズトーストというちょっと変わったトーストを注文しました。
さくら草の珈琲の器はマグカップのような感じのもので、手で持って飲んでもよし、ストローで飲んでも良しといった感じの飲みやすいデザインです。

食べてみると、味はピザっぽい感じの味で、チーズがなかなかいい味を出しているのが良かったですね。
キャベツもチーズとケチャップの味が程よくしみ込んでいたので、いい味を出していました。
さくら草は、他にもモーニングは選べますので、好きなものを選ぶといいでしょう。

アイスコーヒー390円と、この値段でこれですので、まあまあいい感じの量だったと思います。
駐車場が近くにないので、さくら草は車ではちょっと行きにくいかなという感じがありますが、商店街によって行く際にはぜひ食べていきたい店舗の一つです。

ピノキオ、40年を超えて愛される千葉市稲毛区にある老舗喫茶店

東京のベッドタウンとして半世紀あまり住宅街として、発展してきた千葉市稲毛区。
その中でも京成電鉄が開発したニュータウン、京成団地のバス停近くで同じく半世紀を迎える手作りピザの店がピノキオです。

地元の少年たちが学校帰りにボリュームのあるベーコンポテトピザ(Sサイズ900円)をほおばったり、年配のご夫婦が休日のブランチに、コーヒーにサラダ込みのお得なミックスピザセット(950円)を楽しみに来たりと、ピノキオは地元の方にも愛されています。

それもそのはず、ピザは生地からトマトソースやホワイトソースに至るまで、自分で作るこだわりの味なんです。
オムライスやナポリタンなどオーソドックスな洋食メニューもしみじみとおいしいです。

さらにおすすめしたいのが、ピノキオのコーヒー。
ピノキオは、実は手作りピザとコーヒーショップの店、と看板に書かれている通り、厳選して選んだ豆を焙煎もマスターが自分でされるんですよ。

これだけ手間暇かけているのに、ブレンドコーヒーはたったの330円。
モカだって430円と、ピノキオはバス待ちの間の喫茶店としてもありがたい存在です。

歩いて1分のところでこれまた人気の焼き鳥店を営んでいる、かわいい奥様が手伝いに来られますが、奥様は元保母さんだけあって聞き上手。
地域にとってなくてはならない社交場となっています。

ピザ屋もチェーン店が増えていく一方なご時世だけに、これからも大切に手作りの味を守っていってほしいですね。

店名:ピノキオ
住所:千葉県千葉市稲毛区長沼町171
電話:043-259-6938

KAYONG-CHI、一宮市にある一日中ドリンク飲み放題モーニングのカフェ

店名:KAYONG-CHI
住所:愛知県一宮市大志 2 4 1 名鉄東一宮ハイツ 1F
電話:0586-27-6172

KAYONG-CHIは、一宮の中心地に近いところにある喫茶店で、バスも車も多く通る大通りのすぐそばにあるお店です。
駐車場は手前のマンションの駐車場を利用することになります。

モーニングの時間帯がお昼以降でもやっている状況で、KAYONG-CHIの営業時間中はいつ来てもモーニングがやっています。

モーニングの段階でも、ドリンクの値段で焼き立てのクロワッサンなど3種類のパンがついてくるので、大変お得なのですが、KAYONG-CHIは、はそれだけではなく、ドリンクもセルフサービスで飲み放題というおまけがついてくるのがすごいです。

ドリンクはフルーツ系のジュースやコーヒー、お茶と十数種類はある感じで、長居すればかなりお得な感じにできています。
パンももちろんあったかくておいしかったです。

KAYONG-CHIは、は、追加料金を出して野菜スープをつけたり、ランチ時にはハンバーグも付けられるようなセットもありますので、モーニング以外でも楽しめる要素は多いです。
飽きさせない工夫も大変良いです。

味よしサービスよしのかなりレベルの高いお店が、中心地にあるというのはかなりすごいと思われます。
一宮はやっぱり喫茶店のレベルが高いなということが、改めてわかるお店の一つです。