中華

中華旬彩料理 東方紅 アトレ恵比寿店は安くてお腹いっぱい食べられる中華料理店

恵比寿にある中華旬彩料理 東方紅 アトレ恵比寿店は美味しい中華料理が安くたくさん食べられるのでオススメです。

店名:中華旬彩料理 東方紅 アトレ恵比寿店
住所:〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 アトレ恵比寿6F
電話:050-5484-5108

恵比寿にある中華旬彩料理 東方紅 アトレ恵比寿店は、美味しくて絶品の中華料理が安くてお腹いっぱい食べられるので、お腹か空いた時は足を運びたくなる様なお店です。

東方紅でよく注文するメニューは、四川の土鍋麻婆豆腐セットです。
価格は1185円です。

四川豆腐、ライス、サラダ、ザーサイ、スープ、デザートか食べられます。
四川豆腐は、豆腐が大きめなサイズで柔らかくて、濃いめの味付けで辛さがあり、とても美味しいです。
また、ライスやスープやサラダなどが付いてくるのでお腹いっぱいになるので、オススメな一品です。

東方紅で他にもよく注文するメニューは、五目焼きそばセットです。
価格は1185円です。

五目焼きそば、スープ、デザートが食べられます。
五目焼きそばは、野菜がたくさん入っていて食べ応えがあります。

あんかけがトロトロで熱々でとても美味しいです。
スープやデザート付きで大満足できる一品です。

他にも、ハーフ五目焼きそば&ハーフカニ炒飯や若鶏ときのこのバター醬油炒めセットなど美味しくてお腹いっぱい食べられるメニューがあります。
そんな、美味しい中華料理を提供してくれる中華旬彩料理 東方紅 アトレ恵比寿店はオススメできる飲食店です。

群馬県太田市で発見!香港料理、周富徳の弟子の店!「翡翠軒」

本格香港料理のお店「翡翠軒」では、中華料理らしく2〜3人前のメニューがメインです。

翡翠軒で特におすすめなのが「牛肉とすじ肉の煮物」1200円です。
とろとろになるまでじっくり煮込んだ牛肉、すじ肉に山椒が効いていてご飯によく合います。

また、お一人様でも気軽に注文できるランチメニューも1000円前後からあり、中華といえお一人様でも大丈夫です。
テイクアウトも充実していて、特に冷凍肉まん、4個で1200円、翡翠軒の店内では食べる事が出来ずテイクアウト限定商品です。
美味しく食べる温め方もお上さんが教えてくれます。

翡翠軒の店内はこじんまりとしていて、街の食堂風です。
敷居も高くなくとても入店しやさすいです。

厨房にシェフが一人、お上さんが一人で接客していてとてもアットホームな接客ですが、たまに出勤しているバイトくんの接客は素晴らしいです。
教育が素晴らしいのか本人のセンスもあると思いますが、目が行き届いていて色々と気づいてくれる事があり感動しました。
忙しい時は、お上さんが慌ただしくしていますが、そこんとこはご愛嬌といったところではないでしょうか。

翡翠軒の価格帯は一人だいたい1000円〜2000円と言ったところです。
これくらいの低料金で、あの周富徳の中華料理が食べれるのはとても贅沢なお店です。

店名: 翡翠軒
住所: 群馬県太田市新井町520-9
電話: 0276-47-2088

熊谷にある中華レストラン蘭茶はランチがお得な中華料理店

熊谷にある中華レストラン蘭茶は、美味しい中華料理が食べられます。

店名:中華レストラン 蘭茶
住所:〒360-0037 埼玉県熊谷市筑波3-77-2
電話:050-3464-5572

熊谷にある中華レストラン蘭茶は、美味しい中華料理が食べられて、とにかくランチがお得です。

蘭茶でよく注文するするのが、海老炒飯ランチです。
価格は880円です。

ランチなので、サラダ・スープ・小鉢・杏仁豆腐・ドリンク・デザートが付いてきます。

海老炒飯は、海老がプリプリとしていて大きめなので食べ応えがあります。
炒飯はパラパラで味付けが良くてとても美味しいです。

サラダやデザートやスープなど色々付いてくるのでボリュームがありお腹いっぱい食べられて大満足です。

蘭茶で他にも良く注文するするのが、エビチリソースのランチです。
価格は1180円です。

コレもランチなので、サラダ・スープ・小鉢・杏仁豆腐・ドリンク・デザート付いてきます。

エビチリは、海老が大きくてプリプリ食感がたまらない一品です。
味付けのチリソースとの相性も良くて大満足できます。

他にもランチで、豚バラの角煮や黒酢酢豚やジャージャー麺などのランチメニューがまだまだあります。
そんな、ランチがお得でお腹いっぱい食べられる中華レストラン蘭茶はオススメできる飲食店です。

ぎょうざ飯店、佐世保市早岐にある正統派レトロ中華食堂

店名:ぎょうざ飯店
住所:長崎県佐世保市早岐2-22-4
電話:0956381667

この夏ハウステンボスに旅行に出かけた際にスマホで調べて行きました。
口コミが良かったのと餃子が食べたかったことが、ぎょうざ飯店に決めた理由です。

まずガラッと店内に入りますと昔懐かしい中華食堂にありがちなラーメンのいい匂いが漂ってきて食欲をそそられます。
ぎょうざ飯店店内はカウンターが7、8席、四人がけのテーブル席が二つ。
お水はセルフです。

店内のインテリアや調度品を見ると、昭和からタイムスリップしてきたのではと思うようなものばかり。
テレビもブラウン管でした。

そして肝心のぎょうざ飯店の料理ですが、私は一押しのぎょうざ定食、主人はラーメンを注文しました。
待つこと10分。

ぎょうざ定食はわずか550円でワンプレートに大盛り目のライス、皮が厚い中国ぎょうざっぽい大きな餃子が5個、それになんとミニ野菜炒め付きでなんとたまごスープまで付いているではありませんか。
感動しました。

餃子も絶品、野菜炒めもとんこつの香り漂う正統派で大満足。
主人のラーメンは昔ながらのとんこつ塩のような感じです。
昔の食堂には必ず存在したアレです。

とんこつの香りもさることながらコッテリスープがやや太めの麺によく絡みつき最高だと主人も大満足。
しかもラーメン、なんと今時480円。

満腹のお値段は2人で1030円。
ぎょうざ飯店はハウステンボスから車で10分、駐車場もあります、近くに行かれた方は是非。

丸正餃子店、大東市にある大阪で一番うまいという声もある餃子店

店名:丸正餃子店 本店
住所:大阪府大東市三住町1−35
電話:072-872-0776

餃子を嫌いな人って、あまり聞いたことがない。
むしろ好きって人がほとんどではないでしょうか。

中華料理屋やラーメン屋などで餃子を食べることができますが、今回紹介するのは餃子専門店です。

住道から少し北に行くと、丸正餃子店という庶民派のお店があります。
丸正餃子店のお店の中に入ると、店員さんが餃子を包んでいる姿が。
たくさんの餃子が目に入ってきます。

丸正餃子店の店内は餃子を焼いた香ばしいにおいが漂い、食欲をそそります。
餃子は1人前8個で290円です。
早速注文して食べてみることに。

それと同時にビールも注文しました。
一度やってみたかったんですよね、餃子でビールを飲むって。

そんなこんなで、餃子を一口食べる。
簡単に言うと、ずっと食べていられるぐらい美味しい。
薄皮でサイズは小さいんですが、生姜とにんにくが効いています。

そのため、餃子の味がしっかりと感じられます。
食べる手が止まらないぐらいに美味しい。

サイズが絶妙なのか、食べやすいんですよね。
ビールとの相性もばっちりです。

当初は2人前だけ注文したのですが、丸正餃子店を出る頃には5人前を食べていました。
ビールもおかわりしましたし、とにかく美味しいんだから仕方ありません。

餃子飲みが好きな人にとっては、丸正餃子店は天国のような場所だと思います。

下北沢にあるバーミヤンの懐かしい感覚になれるデザートメニュー

店名:バーミヤン下北沢南店
住所:東京都世田谷区代沢5-7-10
電話:03-5779-6040

東京の下北沢にあるバーミヤンでは、デザートメニューが充実していて、魅力的な食事を可能にします。

場所的に学生なども多い街ですし、そういったところにバーミヤンがあるというのも大きいですけど、学生にも優しい値段で提供されているデザートには注目してもらいたいです。

バーミヤン下北沢南店で知っておいてもらいたいのは、黒蜜きなこ揚げパンバニラアイス添えになります。

バーミヤンのイメージからすると、こういったメニューは想像しづらいかもしれません。

というのも、懐かしい感覚にしてくれるメニューで、多くの人にとって馴染みが深いであろう揚げパン、またはきな粉パンがメインなのです。

そこに黒いあんみつを垂らして、さらにバニラアイスを添えた一品で、見た目はスイーツそのものと言えますし、女性は好きそうな感じです。

ただ、男性でももちろん構いませんし、給食で食べたことがあるという人も多いと思うので、懐かしい味として感じられるはずです。

値段は399円と高くはありませんから、食事のついでにデザートとして注文すると病みつきになる人も結構多いと思います。

バーミヤン下北沢南店は、一般的なファミレスにしては、かなりオシャレな見た目に見えるので、そういった部分からも魅力を感じやすいのです。

ボリューム満点 滋賀県竜王町にある中華料理 龍鳳園

店名:龍鳳園 竜王店
住所:滋賀県蒲生郡竜王町薬師1170-1
電話:0748-58-2678

美味しい中華料理が低価格でおなか一杯食べれるという事で、龍鳳園に同僚と夕食を食べに行きました。

場所は、名神高速竜王インターを降り、477号線を近江八幡市方面に向かうと右手に見えてきます。
三井アウトレットパーク滋賀竜王の向かいに位置しています。

龍鳳園の外観は少し地味で、塩元帥さんの陰に隠れて少し分かりにくいと思います。
但し、駐車場は塩元帥さんと共用になっていて、広々していて駐車しやすいです。

龍鳳園の店内は、テーブル席と座敷があり、店内の装飾品や家具などから本場中国に行ったような独特の雰囲気がありました。

コース料理もあったのですが、今回は色々な料理を食べたかったので、コースを頼まずに各々が食べたい料理をオーダーしました。

料理が出てきてまず驚いたのは、一人前の量です。
鶏の唐揚げにしても、一つ一つが非常に大きくて、食べ応えがあります。
正直、子供ならこの大きさの唐揚げ一つ食べればお腹いっぱいになるのではないでしょうか。

餃子、チャーハン、エビチリやマーボー豆腐など、様々な料理をこれでもかという量を頂きました。
龍鳳園はどの料理も美味しかったのですが、やはり味付けが日本で食べる中華料理と違い、最初は多少違和感があるのですが、すぐに癖になってきます。

私は特に、マーボー豆腐のあまり食べたことのない独特の風味にはまりました。
中華料理とうたってはいましたが、龍鳳園はどちらかといえば中国料理屋さんだと思いました。

店員さんも片言の日本語で、本場中国に来たという気分を味わう事ができます。
本当にお腹いっぱいで、ジュースを3杯も頂き、会計は一人2000円という安さでした。

非常にコストパフォーマンスが高く、本格中華を頂けるお店だと思います。
但し、龍鳳園は一品一品の量が非常に多いので、種類を食べたいのであれば大人数で行くことをおすすめします。